読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pulse Fighter

 

 

 

 

 

 

軽快なゲームミュージックのような。

ドラムス以外のほぼすべてのパートが装飾過多で、動きも細かく聴いていてとにかく気持ちが良い。音数は基本多いがその中でもメリハリが効いていて、単調さは全く感じられない。

 

映像も楽しくて好き。

 

 

 

 

 

天海春香について

 

 

 

 

 

天海春香とは、THE IDOLM@STERのメインヒロインである。

 

 

※微妙にアニメと劇場版のネタバレ入ってます。

 

 

元気で可愛く、いつも明るく。ちょっぴりドジなところもある女の子。歌も踊りも得意ではないけれど、アイドルに懸ける想いは誰にも負けない。

周囲を取り巻く個性的な十二人により、埋もれることなく輝く無個性であり、その存在が一つの"王道"となっている。

しかし、その在り方は二次創作物等々で言われている"覇道"に近い。

 

 

 

アニメ本編、及び劇場版で描かれている通り、彼女は関わったものを決して捨てようとしない。

20話で歌声を失った如月千早

劇場版で夢を諦めた矢吹可奈

そして23話で練習時間が取れずに四苦八苦していた765プロニューイヤーライブ。

彼女はその全てを残さず拾い上げて来た。流石メイン拾インと呼ばれるだけはある。なんでもない。

 

 

 

一見すると彼女の優しさ、献身性、自己犠牲の精神などが思い浮かぶが、私はここで声を大にして言いたい。

天海春香を動かしてきたものは、間違いなく彼女自身の"エゴ"である。

結果として彼女は全てを救う天使のような存在に描かれていると錯覚してしまうが、実際のところ彼女は十三の中でも一際貪欲な女の子なのだ。

 

 

 

勿論、天海春香に優しい心がないと言っているわけじゃあない。寧ろ優しさは有り余っているし、献身的でもあるし、自己犠牲の精神を持ち合わせていることも確かだろう。

しかし、それは側面に過ぎないと私は考える。

 

 

 

 

 

如月千早に手を差し伸べたのは、彼女と共に歌いたいと願ったから。

自分の仕事を止めてまでライブの練習時間を確保しようと試みたのは、みんなと離れたくない、置いて行かれたくないという思いからだ。

 

夢に敗れた矢吹可奈を引っ張り上げたのは、自らの夢を信じ続ける為。

矢吹可奈が自分と近い人間だという確信が持てずに動けなかった天海春香は、雨の日の電話でその思いを確信に変え、周りを巻き込み動き出した。

アイドルとは憧れであると天海春香は言った。その憧れは簡単に諦められるものではないと彼女は知っている。そして信じているからこそ、信じていたいからこそ、彼女を助け出した。

 

 

 

その後の台詞からも伺える通り、天海春香は自分と関わったものを何一つ切り捨てる気がない。

歌を失った友人も、繋がりが薄れた仲間も、夢を諦めた後輩でさえ、まるで自分の一部を形作るものかのように、必死で拾い上げる。

 

ひとりはみんなの為に、みんなはひとりの為に。

天海春香にとってのひとりとは、欠けてはならないみんなの一部であり、天海春香という人間ひとりを構成するのは、それを含めたみんななのである。

 

 

 

輝きの向こう側へ!で後輩たちが目指したのは自分の成功である。

自分のパフォーマンスが成功し、かつ全体のパフォーマンスも成功させる。各々が自分のパフォーマンスを成功させていれば、自然と全体の成功にも繋がるだろう。

だから、全体の成功を阻害する人間を、能力の低さから全体のパフォーマンスの質を落とす人間を排除することで問題を解決しようとした。

恣意的な書き方をしたが勘違いして欲しくないのは、わざわざ排除したわけではないということ。追いつけないなら切り捨てるしかない、当然の考えである。

 

しかし、天海春香はこれを是としなかった。

彼女にとっての全体とは、成功を約束された全体から、障害となる少数を取り除いた集団ではない。

障害となる人間も含めた全体であり、さらに言うならば、彼女の目指す成功は自分の成功ではなく全体の成功である。

 

1人の所為で全てが台無しになるリスクも厭わずに、誰よりも全のことを思っておきながら、その全に1人で立ち向かっていく。

率直に言って、優先順位がおかしいことになっているのだ。彼女にとっての一番はみんなであり、つまり一番は自分であって自分ではない。

その歪な在り方を支えるのが彼女の強靭な精神だ。24話で挫折してから1人で立ち直った姿から見ても、並の精神力ではない。

 

 

 

 

天海春香は自らを全として振る舞う。

自己表現の壁に押し潰されそうになった島村卯月とは違う。自分の役割など考えてもいない。だから劇場版で形式上のリーダーという役割を与えられた際には戸惑っていたわけだ。

全を自身と同一視しているが故に、常に全体のことを考え続けてきた。

いつでも彼女は彼女の為に、失敗や成功、葛藤、苦難障害全てを飲み込んできた。

 

天海春香が掲げる理想は、万人の抱くものではない。しかしそれは受け入れられないものでもない。

誰もが切望し、どうにもならないものを他人や環境の所為にして、頭の片隅に追いやった諦めの残滓だ。

天海春香は諦めない。それが一番正しいと信じて疑わない。決して折れずに、自分の考えだけを信じ続ける。

そして、その姿が人の心を動かす。

 

天海春香と同じ考えを持つ仲間は殆どいない。それでもみんなはついてくる。説得されたわけでも屈服させられたわけでもない。それぞれの意思を尊重した上で、彼女たちは天海春香をリーダーだと認めた。

それは彼女たちもまた、天海春香同様に夢を見ているからではないだろうか。

最良すらも認めず最高の結末だけを追いかける天海春香のその行先に。

 

 

 

天海春香は仲間の為なら常にハイリスクハイリターンな選択を取る。大失敗と紙一重の大成功を目指して、細い糸の上に身を置く。

誰よりも自分の為に貪欲に、全てを飲み込み続け、結果として仲間は須らく救うものだという考えに至っている。

彼女の救いは全て驚異的な自己満足のなせる業でありながら、そのことに自身が気付いていない。

誰よりも自分の欲望を優先した結果、誰よりも周りを優先する。そんなアンビバレンスで歪んだ存在こそが、天海春香だと私は考える。

 

 

そして、そんな彼女を支え、信じ合い、そんな彼女に引っ張られる仲間との絆。その美しさこそが、アニメアイドルマスターという作品の本質であると私は考えている。

 

 

そう、アニメアイドルマスターは、765プロという物語なのだ。

 

 

 

 

 

 

アイドルマスターシンデレラガールズ第23話

 

 

 

BORUTOの記事を書いて欲しいと言われていたんですが、アイドルマスターシンデレラガールズ第23話を見てからというもの、アイドルマスターシンデレラガールズのことしか考えることが出来ない頭になってしまった為、先にこちらの記事を上げることにします。ごめんね。

勿論ネタバレは含みます。

 

 

 

 

 

画像集めるの大変だから省略で、流れだけ追いながらざっくりと。

 

 

 

後の伏線になる凛との電話からスタート。一見いつも通りの島村卯月に見えます。

 

養成所で基礎レッスンを受けたいと希望する卯月。21話で凛と未央が一歩を踏み出す描写はありましたが、卯月にはありませんでした。それどころか22話で一歩後ろに下がるカットが。そういうことかといった感じ。

 

 

CPのみんなが疑問に思うのは当然。今回の卯月は頑張る目的を失った結果、頑張って前に進んでいるつもりで後退しています。

 

養成所で1話と同じようなカットが入る。雑誌とスマホが並べてあるのも同じく1話を連想させます。

凛が卯月に電話をかけている場所も1話でPにスカウトされた場所。

 

 

養成所に来ると落ち着くという発言からも、卯月は後退を受け入れ、前に進むことを拒否しているように見えます。

 

 

みんなが様々な新しい仕事をこなしていくのに対し、ひたすら基礎レッスンを続ける卯月。

1話では他のメンバーが集まるのを待つ形でのレッスンでしたが、今回はまるで逆になっています。

目を映さないことで不安を煽る演出が憎い。

 

 

凛と未央が会いに来るという提案を拒否する卯月。新しい何かを見つけた2人は、卯月には眩しかったのでしょうか。逃げたかったんだと思います。

 

卯月について相談する凛と未央。

7話や21話で未央について相談していた卯月と凛と同じ構図。

 

 

クリスマスライブの報告にも頑張りますとは言わずに俯く卯月。

ようやく卯月の異変に確信を持つPとNG。卯月自身も気付いていない上に、比較的上手いこと隠していたこともあって、動き出すのが遅れてしまったのでしょう。

 

 

ダンスレッスンをサボって卯月に会いに行くことを決意する凛。

7話では未央の住所をPに聞いた際、こちらに任せて欲しいと断られていました。

今回は卯月の養成所の地図を即座にプリントアウトするP。

 

 

卯月に会いに来た2人。凛は真剣な面持ち。未央は少し明るく振舞っています。今回の話で未央は、卯月に余計な負荷がかからないようにか、場面の空気を重くし過ぎないよう、態度や発言に気遣っていたことにも注目して欲しいです。

 

 

ライブを断ったことに関して問い詰める凛。しかし卯月が落ち込んでいるのはTPやソロ活動が原因ではなく、自分だけ前に進めていないことが原因。

舞踏会という単語にも顔を曇らせる卯月。自分だけが変わらないまま前に進むことが、怖いと感じているのかもしれません。

 

 

アニマス→劇マスでのお菓子やデレマスでのPKなどでもお馴染み、アイマスで度々使われるイメージの逆転的な手法。1期での卯月の頑張りますは明るくみんなを元気付けるようなものでしたが、この話での頑張りますは誤魔化しや空元気のようなイメージになっています。

 

そんな誤魔化しを咎める凛。21話で未央に対してもはぐらかさないでよと発言していましたが、凛は本音で話し合わないことが嫌なのでしょう。

未央も卯月も、自分の選択は自分だけで決めてきました。しかし、凛だけがTPの活動について事前に打ち明けていました。

 

 

卯月の腕を引いて1話の公園に連れて行く凛。1話では公園の前の横断歩道の信号が青でしたが、今回は赤になっています。あの時、一歩を踏み出した凛が、立ち止まってしまった卯月を、始まりのベンチに連れてきます。

 

1話で凛がアイドルになるきっかけを貰い、7話でアイドルを辞めようかと揺れていた凛とPとの仲を未央が繋ぎとめ、2期OPではサビ前で島村卯月が座っている、馴染み深いベンチですね。

 

 

卯月の答えを聞いてないと言う凛。2期に入ってから頑張りますやわかりませんで答えを先延ばしにしてきた卯月に、正面から問いかけます。

 

凛が怒っているのは、恐らく友達だと思っていたのに、相談をしてくれなかったこと。(結果的に)嘘をついて自分の気持ちを誤魔化していたこと。そして、自分にアイドルになるきっかけをくれた卯月の笑顔が、嘘や誤魔化しで曇ってしまったことを許せなかったんだと思います。

 

3話でも出ていた面ではありますが、渋谷凛は無愛想でどこか冷めている女の子ですが、実は熱い心の持ち主です。私はこういうところを好きになったんだよ。

 

 

卯月は嘘をついていたわけではなくて、ただ自分がわからなくなっていたんでしょう。アイドルマスター天海春香同様、アイドルに憧れたアイドルの島村卯月。

3話や13話で一度叶ってしまった夢の続きが、わからなくなっていたのでしょう。しかし、周りのみんなは進んで行きます。新しい自分の可能性を見つけて、更に輝ける自分を求めて。

 

20話で新しいことを始めるのが苦手だと言っていたのもここへの伏線でしょう。

21話などでも伏線にあった、ずっとこのメンバーで活動したいという願いを叶える為にも、卯月は漠然とただ頑張ってきました。

悩んでいる自覚もなく、故に誰にも頼ることなく、たった1人で。

 

それでも自分の中の輝きを見つけることは出来ない卯月。魔法が解けた後のみすぼらしい格好に、脱げてしまったガラスの靴。それでも時間は待ってくれずに、お城への、舞踏会への階段を登っていくみんな。

 

卯月が自分の手を見つめるシーンは何度も描かれてきました。あれは自分の中の光を、確かめていたのではないでしょうか。

それが見つからなくて、隣に並ぶみんなに迷惑をかけたくなくて、だから彼女は階段を登る足を止めたのです。

 

 

怖いよ、と初めて溢した卯月の本音。いつもの敬語の癖も消え、自分のありのままの言葉を吐き出す卯月。

 

 

「プロデューサーさんは、私の良いところは笑顔だって…だけど、だけど…笑顔なんて、笑うなんて誰でも出来るもん。何にもない、私には、何にも…。」

 

 

私はこの台詞が特に響きました。

 

アイドルマスターシンデレラガールズはもう4年以上続いている大きなコンテンツですが、その最初期から島村卯月は「普通」だとか「個性がない」だとか、散々ネタにされてきました。

これは必ずしもdisではなく、そもそも本家765プロ天海春香も似たような扱いは受けてきています。

私はセンターを張るのに非常に需要な条件だと思っていますが、まさかこれをここで持ってくるとは。

 

シンデレラの舞踏会が掲げるPower of Smileは、アイドルの個性に重きを置いたものです。

所謂無個性を代名詞とする島村卯月には一見そぐわないように見えます。

だからなおのこと島村卯月は、これだけ悩んでいたのでしょう。 

 

勿論、そんなことはありません。

笑うことは誰にでも出来ても、卯月の笑顔は卯月しか見せることのできないものです。

 

 

泣き出した卯月に渋谷凛が口にするのは今まで隠してきた卯月への憧れ。

夢中になれる何かを探す為に、踏み出した一歩のきっかけ。

自分の憧れた笑顔を、誰にでも出来るなんて言って欲しくない。凛が怒っていたのは、卯月の為でもあり、自分の為でもあったんでしょう。

 

未央も7話でアイドルを辞めようとした時、ひたすら信じて待っていてくれた卯月の笑顔に救われています。

 

この場にいる2人のどちらもが、卯月の笑顔に何かを貰っているのです。

 

 

 

 

「どんな時も笑って、頑張りますって言ってくれるって…そんなわけないよね…」

 

 

誰もが思っていた、そして信じていたかった、ずっと笑顔で、いつも頑張りますとばかり言っている島村卯月。

視聴者の大半も、凛も、未央も、きっと同じイメージを抱いていたと思います。

 

だからこそ卯月が泣くのは嫌なんですよね。つらいんですよね。

本当にこの製作陣は上手いことイメージを逆手にとってくる。ふざけるな。

 

 

今度こそお互いに本音で話し合って助け合う為に、もう一度友達になろうと提案する未央。

もう卯月の笑顔から何かを貰うだけではない、対等な関係を目指して。

 

7話で信じることを躊躇った凛の手と、差し伸べられたPの手を繋いだのも未央でした。

 

あの時のように、俯く凛と泣きじゃくる卯月を抱き寄せる未央。

本田未央は3人の中で明るくて、一番臆病で、けど、一番仲間想いなんです。

 

 


「アイドルを星に例える者が居るが、星の光は永遠ではないと知るべきだな。雲に隠れた星に価値などない。見えなければただの闇。無だ。」

「晴れない雲はありません。星は、今もそこにあります。」

 

唐突なポエムバトル。

 

 

頭を下げるPの姿が良い。

卯月を必要なメンバーだと断言して、それを信じて待つP。

 

 

別れ際に震える声で呼びかける凛。

笑顔で手を振る未央。

 

 

魔法の解けた12時過ぎ。失くしてしまったガラスの靴。裸足のままで階段の下に立つ少女が一人。

次回は特番。続く鬱病。救いを求めるオタクが一人。

 

 

 

 

 

総合的に見て神回だと思いますし、24話の出来が良ければ伝説になる回だと私は思います。


NG3人の良さが全て書かれている。関係性もしっかり掘り下げられている。

3人の心理描写も繊細で、今までの伏線や過去との対比を織り交ぜた巧みな脚本も素晴らしい。

そして何と言っても演技。

凛も未央もさることながら、やはり卯月。こいつはやばい。

熱の入り方が尋常ではなかったし、何より卯月がこのような面を見せるのは今回が初である。


胸に、心に、涙腺に、ガシガシと叩くように訴えかけてくる演技には、涙が止まりませんでした。



ネガティブなシーンが多いってのも難しいところだと思います。今回の卯月の悩みは自覚のないまま、周りに気付かれることもなく静かに侵攻していったもので、余りに唐突だと違和感を拭えません。

しかし無駄に露骨にするとマイナスなイメージが多くなります。


始まった時から覚悟はしていたので、最初は平気でした。

けど、終わった後に卯月の涙と台詞が脳裏にチラついて、いつの間にか泣いていたりすることが少し。

とてもつらいです。私は私が思っていた以上に、島村卯月のことが大好きだったんだなと思いました。