アグノムメタモン

 
 
 f:id:kyuri_poke:20130929231137g:plain   f:id:kyuri_poke:20130929231250g:plain

f:id:kyuri_poke:20130929231329g:plainf:id:kyuri_poke:20130929231509g:plain

f:id:kyuri_poke:20130929231516g:plainf:id:kyuri_poke:20130929231521g:plain

 

 

 

アグノムからの壁展開が強そうだと思い、組み始めました。

 

 

壁下でのエースとしてパルシェンローブシンを採用。

この2匹で重いウルガモスや雨に強く、壁とのシナジーも良好なカイリュー

補完でスイクンクレセヌオーハッサム辺りに強く、パルシェンカイリューとの並びの相性が良いギガドレインウルガモス

初手アグノムに対して投げられるウルガモスカイリューパルシェンへの択を減らせ、積みポコモンに対して選出圧力をかけられるメタモン

 

アグノムパルシェンローブシンカイリューウルガモスメタモンの順番で採用。

 

 

 

以下個別

 

 

 

 

 

f:id:kyuri_poke:20130929231137g:plain

 

 

アグノム@光の粘土

155(36)-*-101(84)-147(12)-106(124)-183(252)

サイコキネシス/挑発/リフレクター/光の壁

 

 

 

今回の軸。

初手に投げて壁を貼り、後続に繋ぐ役割。

他の壁張り要員との差別点はラティボルトに上を取れるSとガッサ耐性。

 

両壁は確定。

格闘やパルシェンへの打点としてサイコキネシス

裏への通りが良いステルスロックトリックルームを防いだり、起点を回避したり、相手の起点回避技を防ぐ為に挑発を採用。

ラティやスイクンなどに対して死に際に打つ事で、置き土産や吠えるを気にせず裏で起点にする事が出来る。

持ち物は壁ターンを延長出来る粘土。

 

配分は

200逆鱗を上2つ切って耐え。

177ジュエル10万ボルトを上2つ切って耐え。

サイキネでH4振りボルトロスを高乱数2発。

Sは同族やボルト抜きを意識して最速。

 

 

初手ボルトロス対面で挑発を打たれるのが嫌だったので、ジュエル10万ボルトを耐えるようにしてサイキネを安定択にしたかった。

数値が足りないので200逆鱗と177ジュエル10万ボルト、両方の乱数を2つ切るという暴挙。

しかもボルトロスへのサイキネも乱数(95%程度)

さして問題の無いと言えなくも無い範囲ではあるが、如何せんしっくり来なかった。

仮想敵の個体数がそこまで多いわけではないが、やはり心臓に悪い。

確率に怯えながら使う。

あと少し実数値下さい。

ちなみにラティ受かってないからラティ見たらほぼ初手確定になる。

(そんなの関係無しに9割初手だが)

 

基本的に壁を貼って後続を死に出しする形になるが、簡単に切ると負ける事も多いので、出来れば裏は後投げして温存したい。

 

選出率はダントツ1位。

速いのが良いよね、速いのが。

 

 

 

 

f:id:kyuri_poke:20130929231250g:plain

 

メタモン@レッドカード

155(252)-*-*-*-*-*(B<D)

変身/---/---/---

 

 

 

変わり者メタモン

最後に補完で入ってきた。

めざ氷個体。

 

壁と合わせて積み合いに滅法強い赤紙メタモン

 

アグノムからの壁展開は並びを見れば最初に警戒されるはずで、それに対して初手に積みアタッカー(ウルガカイリューパル辺り)を置いて、アグノムを起点にしにくる相手が多いと予想。

 

そうした対面で択が発生し、相手の型や持ち物次第ではそのまま2枚3枚抜かれてしまうので、択を無くす為に投入。

ストッパー的な役割を持たせた。

 

 

居るだけで積みアタッカーを牽制出来る点も良いが、積み技の無い相手に出すと同速ゲーになるのが少し気になるかも。

 

壁と合わせる事で、殆どの積みポケモンを流せる。

 

見せ合いの時点でスカーフ想定、乃至配慮して選出する人が多いようで、スカーフメタモンに変身されても困らないローブスイクンクレセリア辺りが出てきやすく、積みをリセットしつつ有利な場面を作る事が出来た。

拘らないメタモンは強い。

 

ウルガカイリューの並びのウルガモスに変身した時、複数回舞って裏のカイリューをワンキル出来るめざ氷個体を採用。

155-85-125メタモンが等倍の205大文字+204鉢巻神速を光の壁込みでほぼ耐えたはず。

 

選出率は控えめ。

積みサイクルや壁構築には積極的に選出する。

 

 

 

 

f:id:kyuri_poke:20130929231329g:plain

 

 

 

ウルガモス@氷のジュエル

167(52)-*-85-198(196)-126(4)-152(255)

火炎放射/ギガドレイン/めざ氷/蝶舞

 

重めのスイクンヌオーハッサムに打点があり、壁との相性が良く、壁展開をしない時にも積みリレーの動きが出来るギガドレインウルガモス

 

カイリューの起点になるのが嫌なので、殆どのカイリューを1舞で落とせるジュエルめざ氷。

相手が対面でダンスダンスレボリューションしてきたら落としてそのまま抜く。逆鱗で処理してきたら裏のパルで破る。

逆鱗を誘発させるのが強かった。

さざめきを切ってもジュエルめざ氷ならラティへの打点は問題無い。

 

最初は1舞で意地っ張りスカーフガブリアスや、スカーフ霊獣ランドロスを抜け、素でグライオンを抜けるように臆病で使用していたが、パルとの並びで選出する事が多く、また火力が足りない分大文字を採用せざるを得なかったので、控えめに変えて命中安定の放射を採用した。

カイリューへのめざ氷のダメージも変更理由のひとつ。

 

努力値が6余っているのがすっきりしない。

素早さに255振り出来るのが利点。

 

ちなみに放射で火力が足りないって事は多々ありましたが、私は大文字は使いません。

 

 

配分は

壁込で臆病ミトムのハイドロ→蝶舞→ハイドロを上切って耐え。

Sは同族意識の255振り。

残りをCに振って11nかつCDS偶数。

同速負けたら相手も255振りか、臆病なので諦めましょう。

 

選出率はそこそこ。

 

 

 

 

 

f:id:kyuri_poke:20130929231509g:plain

 

 

カイリュー@ドラゴンジュエル

167(4)-186(252)-115-*-120-145(252)

逆鱗/神速/地震/竜舞

 

 

 

雨やクレセドラン、ウルガに強く、壁との相性も良好なカイリュー

他との並びの相性も良い。


 

性格はガッサやドランを素で抜けて、2舞で無補正グドラを抜ける陽気。

持ち物はスイクンとかヌオーを考えてドラゴンジュエル。

 

メタモンが入る前はノーマルジュエルで使ってました。

ボルトウルガが気になるならそっちの方が良いかも。

ただその場合は準速になりそうなので、ガッサを抜けないのが少し気になるところ。

 

 

強い。

選出率はそこそこ。

 

 

 

 

 

f:id:kyuri_poke:20130929231516g:plain

 

 

パルシェン@命の珠

153(220)-161(252)-201(4)-*-66(4)-94(28)

氷柱針/ロックブラスト/氷の礫/殻を破る

 

 

 

壁下の絶対的エース。

ローブのマッパで破ったパルを処理している甘えたptは壁パルで死ぬ。

最近ジバコとかドランが多くて悲しい。

 

壁のターンや抜き性能、破らない時の火力を考えて珠。

S101パルシェンカイリューの素逆鱗の前で破るのに勇気がいるから嫌なので、Sは94で破り後スカーフバンギラス抜き抜き。

まぁ本当は壁下での耐久を考えて出来るだけHPを伸ばしたかった。

BDに4ずつ振ると、破った後の実数値が1上がり色々ずれるので破り後120族抜きは諦めた。

破らなくても強い。

 

この構築自体が受けルに勝てないので、めざ草パルシェンにしてみたりするのも面白いかも。

その場合ドランやジバコ、コバルやグロスが居ても積極的に選出する事が出来る。

結局珠礫が強いから変えられないんですけどね。

 

ドラングロスヤドラン辺りは壁下で押し切ったりも出来るが、ジバコイルコバルオンは無理。

こいつら嫌い。

 

選出率2位。

たまに他のポケモンの方が刺さってるのに間違えて出しちゃうくらいには、すぐに選出ボタンを押してます。

 

 

 

 

f:id:kyuri_poke:20130929231521g:plain

 

 

ローブシン@オボンの実

207(212)-180(28)-122(52)-*-107(172)-71(44)

ドレインパンチ/マッハパンチ/しっぺ返し/ビルドアップ

 

 

 

壁ptによく居る根性オボンローブ。

 

ビルドレマッパは確定。

クレセリアシャンデラブルンゲルが居ても積極的に選出が出来るしっぺ返しを採用。

というか、このptのウルガモスはさざめきを切っているので、クレセリアローブシンで突破する事が多い。頭がおかしい。

ボルトロスウルガモスにも打つ。

 

こいつを火炎球に変えても良いかもしれない。

ガッサに対しても強く、壁を貼ってから雨のニョロトノに投げて積まずに殴っていける。

 

 

選出率は高め。

急所被弾が怖過ぎて選出を躊躇う(選出するけど)

 

 

 

所謂ライコウローブと違い、見せ合いの段階でガッサを牽制、ローブシン以外起点にならない点が良かった。

逆にライコウと違い壁貼り役の耐久が薄い為、壁を貼れずに退場する事があり、上手く起点の補助が出来なかった事もある。

 


 

 

欠陥構築ですが、レッドカードメタモンを初めて納得いく形で構築に組み込めました。

使ってて楽しかったです。

 

 

 

アグノムメタモンも可愛い。