読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 

 

 

 

 

 

jeeptaってバンド。活動休止中です。

活動休止中だったり解散したバンドの曲の話ばっかりするの、懐古厨みたいで良くないんだろうけど、どうにも治りません。

 

 

まずボーカルの歌い方が特徴的ですね。

声を張り上げながらも何処か悲しげに聞こえる、そんな感じの不思議なメロディーと歌い方です。

 

 

そして何よりこのバンドはギターが素晴らしいです。

フレーズセンスが邦楽のバンドの中でもダントツだと私は思っています。

(フレーズのセンスだけで見るならこの人と相対性理論の永井さんが私の中ではトップ)

 

1番では大人しかったリードがサビから急に入り、そのままの勢いで2番のAメロに入る構成がマジでカッコ良い。

イケイケです。アツいです。

 

更にすごいのはこれだけ浮いているパートで目立つ入り方をしているのに、他のパートの邪魔をしていない点ですね。

アレンジに切れ味があると言うかなんというか、ストイックです。

 

 

ベースに関しても仕事人的なかっこよさがあります。

ミッド厚めで薄めなギターの音圧をカバーしつつドラムとの兼ね合いも素晴らしい。

そして欲しいところにキッチリ入れてくるオブリガード(コード構成音以外の音。要するに動くって事)がたまりません。

他のパートを引き立てつつ、曲に広がりを持たせている。まさにベースと言った感じ。

王道を往ってますね。

 

 

ドラムもシンプルながら力強く、軽快なフィルインが曲の疾走感をより際立たせていますね。

フレーズも凝っていてかっこいいです。

 

 

 

ここからはこの曲の話ではなくなりますが、

全体的に技巧派と言うか、非常に演奏のレベルが高いです。

人を引きつける声のボーカル。曲の雰囲気にぴったりハマるようなリフやソロを奏でるリード。縁の下の力持ちという言葉が似合うように、絶妙な音圧とベースラインで曲全体を締めているベース。細かいながらもリムショットやタム回しを多用しパワフルに曲を引っ張っているドラム。

各パート同士が全く邪魔し合わずに、全員の音が抜けていて、

サウンド全体のバランスがとてつもなく綺麗に纏まっています。

フレーズメイキングもレベルが高く、本当に聴いてて飽きないバンドだと思います。

 

疾走感のある曲でも、寂しげな雰囲気に感じるのはきっとボーカルの歌い方だけの所為では無いでしょう。

私は暗いと言うか寂しいと言うか、悲しい曲が好きなのでドストライクです。

 

 

 

 

これだけ書けば分かるでしょうけど、私はこのバンドにかなり入れ込んでいました。

どうか復活してくれるよう、ただ祈るばかりです。