死ぬまでに聴いておきたい邦楽ロックンロールアルバム5選

 

 

 

個人的なもの。

有名どころはなるべく避けました。

クオリティよりもインパクト、そして何より熱量を重視。

原則として1バンドにつき1枚まで。

 

10選だと多いかなって思って5。そのうち長いの書くかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kyuri_poke:20141128192006j:plain

the unknown forecast - the unknown forecast

 

もう簡単に手に入らないかもしれないので、聴きたい人がいたら私に声かけてください。

お勧めするのにこんなに不都合なアルバムもないものだけど、どうしても入れざるを得なかった。

閃光ライオット出場バンド。

 

アレンジの切れ味と言うか、緩急の付け方が抜群に上手い。

高校生でこのクオリティは正直年齢詐称を疑う。

 

曲数が少ないせいもあり非常に纏まっている。素晴らしいの一言。

興味のある方には是非聴いていただきたいです。

 

 

 

 

 

 

f:id:kyuri_poke:20141128192008j:plain

THE BACK HORN - ヘッドフォンチルドレン

 

イキルサイノウと迷ったが、各曲のポテンシャルの高さ的にはこちらかなと。

とにかく暗い、重い、そしてアツい。

真っすぐな歌い方のボーカルに重い雰囲気を作り出す暴力的なギター、それを支える鈍い音ながら凝ったフレーズのドラム。そして全てを繋げながらも多彩な動きで曲の魅力を引き出すベース。

激しい曲でもどこか悲しげな響きのある歌詞も素晴らしいです。

難しい単語を多用しているのにかっこつけてる感じとかダサイ感じがないのもバックホーンのすごいところ。

コバルトブルーは歴史に残る名曲だと思っています。

 

 

 

 

f:id:kyuri_poke:20141128192011j:plain

スピッツ - インディゴ地平線

 

メジャーどころのマイナー(?)なアルバムってことで許してほしい。

アルバム単位で大好き。

曲ではなくアルバム、草野さんではなくスピッツに焦点を当てたような感じ。

聴いてみればわかる1枚。

 

スピッツはロックンロール。

 

 

 

 

 

f:id:kyuri_poke:20141128192014j:plain

嘘つきバービー - ニニニニ

 

所謂頭おかしい系バンドに分類されると思う。

高い演奏力とちぐはぐなフレーズ、そして意味不明な歌詞からなる曲たち。

選ばれた理由は何よりも熱量。

 

音楽から一歩距離を取っている節さえある彼ら、表現の場がたまたま音楽だったのではないかとさえ思わせるところからは考えられない熱量。

初めて聴いたとき、私の中に何かがぶち壊された感覚に陥りました。

 

人間が本当に感動するのは意識外のことだから感想を言葉に出来ないと誰かが言っていましたが、まさにそういう感じ。

今でもあの気持ちを言葉にすることができません。

 

無秩序な音が脳を揺さぶり、理解が追いつかないまま飲み込まれて、頭の中で鳴り止まない。そんな1枚。

 

 

 

 

 

 

f:id:kyuri_poke:20141128192017j:plain

a flood of circle - FUCK FOREVER

 

私の中で未だにこのアルバムを超えられるものがありません。

レコード会社を移籍した彼らが最初に出したアルバム。

 

背景、タイトル、ジャケット、曲数、メロディー、演奏、歌詞、メッセージ性、纏まり、勢い、あるいは熱量。

全てにおいて素晴らしく、聴けば聴くほど良くなる曲ばかり。

 

とにかく私はこのアルバムが大好きです。

 

 

 

 

 

CDショップでふと思い出した時でもいいので、是非借りて聴いてみてください。