2018年の音楽

 

2018年の私に起きた大きな変化は、

ボーカロイドの曲を聴けるようになったことでした。

 

ジャガーノート」の原曲を聴いたとき、

いつの間にかボーカロイドの声に価値を見出している自分に気付きました。

聴けるようになっただけでなく、ボーカロイドが歌う意味を自分なりに理解できたことが大きいと感じています。

 

 

 

そんな私の中で革命を起こした曲達。

 

 

 

・愛二乗 - ヨルシカ

 

今年最後で最大の革命。

曲を聴いて居ても立っても居られなくなるのも、

初めの衝撃が薄れることを恐れて、曲を聴きたくないと感じるのも、

何もかもが初めてだった。

この気持ちを愛と呼ぶなら、私は今まで曲を愛したことがなかったのだろう。

 

全てが美しいので、ただ聴いてくださいとしか言えない。

本当はココの楽器が好きとか幾らでも言えるけど長くなるから言いません。

 

 

 

・準透明少年 - ヨルシカ

 

ヨルシカ2ndアルバムの初出し曲。

抜けの良いギターと強目に張ったドラムスが生み出す、立体的で透明感のある音作りが特徴的。

楽器隊の完成度が異常で、どの楽器に焦点を当てても楽しめる。

アレンジも素晴らしく、構成から何から何まで綺麗な曲。

 

 

 

ヒッチコック - ヨルシカ

 

僕の中でヨルシカというバンドが大き過ぎるため、ヨルシカだらけになってしまう。

歌も楽器も全てが高水準だが、飛び抜けて歌詞が良い。

明るい気分のときも暗い気分のときも、いつでも聴ける不思議な曲。

理由を説明し難いが、多分2ndで一番好きな曲。

なんでだろうね。

 

 

 

・負け犬にアンコールはいらない - ヨルシカ

 

「早く全部を救えよ愛とやらで」

このフレーズだけで革命が起きる。

suisさんの歌の成長がとても良くわかる曲。

インターネットにない。

 

 

 

・セブンティーナ - はるまきごはん

 

内面世界を俯瞰するような歌詞とボーカロイドの無機質な声がマッチしている。

この人の曲はボーカロイドに歌わせる意味を感じることが多い。

 

何度も言うけど歌詞が良い。歌詞で革命が起きることが多い。

 

 

 

・メルティランドナイトメア - はるまきごはん

 

初めてボーカロイドでも良いなと思えた曲。

ボーカロイドに慣れるきっかけになったかもしれない。

この曲も世界観と声質が噛み合っている。

ここまで世界観をしっかりと構築している曲だと下手なこと言えないけど、

滅びかけの世界で孤独になったアンドロイドが歌っているような曲は、

ボーカロイドに歌わせたほうがいいと思っていて、これはその類の曲。 

 

 

ジャガーノート - 夏代孝明

 

初めてボーカロイドの方が良いなと思えた曲。

今まではそこそこ良い曲書く人という印象だったが、今年の曲はどれもクオリティが高かった。

メロディーがとにかく綺麗。

 

 

 

・エンドロール - 夏代孝明

 

ジャガーノート」の次に上がった曲。

 メロディーが良い。

なんかこの人の曲はすごく好きになっているけど、良さを説明しづらい。

ただただメロディーに惹かれているのか何なのか。