透明な少女の話 - 浅倉透コミュ感想

 

 

 

この文章は、以下のコミュの内容を含みます。
 ・WING浅倉透共通コミュ
 ・【10個、光】浅倉透コミュ
 ・天塵イベントコミュ

また、一個人の解釈であることをご留意ください。

 

 

 

 


浅倉透はどのような人間か、と問われたら、皆さんはどう返すだろうか?
そも、アイドルマスターシャイニーカラーズは、
一言で言い表せない"人間的なキャラクター"が特徴的なコンテンツである為、
このような問いかけ自体があまり良いものではないと思うが。
それを念頭に置いた上で、敢えて言葉にするのであれば、
「無気力、無関心に"近い"人間」だと、私は答えるだろう。

 

 

 

 

浅倉透という人間

 

浅倉透は人生を憂いていた。

 


「人生は長過ぎる」という言葉に、共感できる人間も多いのではないかと思う。
この感覚も、前述した浅倉透の、無関心さから来るものだろう。


浅倉透は何事にも興味が薄く、故に、
退屈な人生に辟易していたのだと、私は考えている。

 

f:id:kyuri_poke:20200510172001p:plain

WING編共通コミュにて 全ての選択肢において同内容の発言あり

 

楽しい時間はあっという間、という感覚は、誰しもが理解できるだろう。
わかりやすく言うならば、その逆である。


心動かされぬ人生は、あまりにも退屈で、長過ぎる。

 

 

 


浅倉透は自分にも他人にも興味が薄い。
これは他人の気持ちを考えない、というわけではない。
寧ろ浅倉透は、親しい人間に対して、気を配っている様子が散見される。

 

会話の際には、相手の気持ちを汲み取ろうという意思があるように見える。

 

f:id:kyuri_poke:20200808154244p:plain

朝コミュにて Pのハンカチを借りた後

 

 


天塵にて、雛奈が放り出した衣装の乾燥を代わろうとする姿勢からも、
他人の気持ちを考えていないようには思えない。

 

f:id:kyuri_poke:20200808150829p:plain

天塵(厳密には【游魚】樋口円香 - 乾かす)にて 雛奈は逃げた

 

しかし、浅倉透はその無関心さから、
誤解を招くことが多いのも事実だと思う。

 

 

 

 

日誌に自分の気持ちを書き綴ろうにも、
自分の気持ちがわからない。
これは自分への興味が薄いからだろう。

 

f:id:kyuri_poke:20200808164925p:plain

WING編共通コミュにて 日誌の内容が簡素

 

 

 

 

自分が何がしたいのかも、わからない。
これも自分への興味が薄いから。

 

f:id:kyuri_poke:20200808150541p:plain

【10個、光】にて 質問が難しい為、あまり良い例ではないが

f:id:kyuri_poke:20200808165447p:plain

天塵にて 花火大会でのライブに、出演したいか問われて

 

 

 

 

突然旅に出ても、心配されるとは思っていない。
他人への興味が薄いから、この程度で心配されると思えないのではないか。
きっと浅倉透は、誰かが突然旅に出ても、然程心配しないのだ。

 

f:id:kyuri_poke:20200808154212p:plain

WING編共通コミュにて 旅に出るという日誌の記述を心配して、探しに来たPへ

 

 

 

 


登る理由

 

何事にも無気力で無関心、感情はあれども、波立つことの少ない凪のような心。
浅倉透はまさに、「透明」という言葉が相応しい人間だと思う。

 

そんな透明な人間の脳裏にも、焼き付いて離れない、
鮮烈な記憶があった。

 

それがあの日の、ジャングルジム。

 

f:id:kyuri_poke:20200808164948p:plain

f:id:kyuri_poke:20200808165008p:plain

f:id:kyuri_poke:20200808165029p:plain

WING編共通コミュにて 幼少期、公園

 

 

それはきっと、浅倉透にとって、初めての体験だったのだろう。
自分が何をしたいのか、何に興味があるのかもわからなかった少女は、
出逢ったばかりの少年に導かれて、ジャングルジムを登った。

 

自分でもわからない自分のことを理解し、導いてくれた少年。
一緒に登ったこと。てっぺんの景色。達成感。

 

私は浅倉透じゃないから、その感情に名前を付けることはできないけれど。
きっと、その全てが少女にとっての革命で、
幼馴染との約束すら忘れる少女の脳裏に、呪いの如く刻まれてしまった。

 

そして、呪いは数年の時を経て甦り、成長した少女の足を、再び動かした。

 

 

 


浅倉透がスカウトを受けた理由は、ある種冒涜的だ。
アイドルへの興味もない。輝きたいという欲求もない。
ただ彼女は、あの日の少年と、あの日の自分に微かに湧いた情動、
その影を追いかける。
それだけの理由で、首を縦に振ったのだと。

私はそう思っている。

 

 

 

 

 

透明のその先へ

 

シャイニーカラーズには、様々なアイドルが居て、それぞれに物語がある。
自分の憧れに近付こうとする者。
自分の中にある想い、その美しさに気付いていく者。
ただひたすらに輝くことを願う者。
誰かの居場所になろうとする者。

 

 

浅倉透の物語は、そのどれとも異なる。
浅倉透には憧れはなく、夢もない。
アイドルに対する愛も、世界に対する怒りもない。

 

 

きっかけはあの日の記憶だった。
そして、今の浅倉透を動かす原動力は、
登ることを楽しいと思えているから。
てっぺんの景色を見たいから。

 

f:id:kyuri_poke:20200808154229p:plain

WING編共通コミュにて 登っていくことで得られるもの、退屈からの救い

 

 

 

アイドルとプロデューサー、立場は違えど、
ジャングルジムの行きつく先は同じ。
互いの姿が見えて、一緒に登っていることがわかる。
それだけで、浅倉透は登り続けることができる。

 

感情の起伏に乏しい彼女の心に灯った炎は、
他のアイドル達と比較しても、決して大きなものではない。
空で煌々と燃える、星々の光の中では、見えなくなってしまうかもしれない。

 

f:id:kyuri_poke:20200808150603p:plain

【10個、光】にて バスの降車ボタンは、夜にしか気付けない小さな光

 

 

それでも浅倉透は、登り続ける。
胸を焦がすほどの激情もなく、空を塗るための色も持たない彼女が、
あの日灯った小さな想いを胸に、自分の色を探しながら、てっぺんを目指して登っていく。
そして、私達は、例え明るい星空でも、彼女の微かな瞬きを見つけられるように、
浅倉透と共に、登っていく。

 

これはきっと、そういう物語だ。

 

 

f:id:kyuri_poke:20200808150656p:plain

f:id:kyuri_poke:20200808150729p:plain

f:id:kyuri_poke:20200808150814p:plain

【10個、光】にて 夕空で見つけた星が、夜空に埋もれていく場面より

 

 

 

 

 

小さな世界の中で

 

「天塵」というイベント名の意味は明示されていないが、
私は「都塵」から来た言葉だと考えている。

「都塵」:都会の塵。また、都会の騒々しさのこと。

 


花火の音と光で掻き消される中で、
私は彼女達の中に美しさを見た。

 

f:id:kyuri_poke:20200808165055p:plain

f:id:kyuri_poke:20200808165135p:plain

f:id:kyuri_poke:20200808165113p:plain

天塵にて 花火の中のライブで、5人だけが見た美しさのこと

 

天塵とは、空の騒々しさ。
それは彼女達を掻き消す花火であり、
彼女達以上の情熱を以て輝く、他のアイドル達であり、
彼女達の絆を脅かす、この世界そのものだ。

 


Straylight.Run()が、アイドルの世界に足を踏み入れた少女たちが、
その世界に抗っていく物語だとしたら。
天塵は、4人の幼馴染が、アイドルの世界に押し潰されないように、
彼女達の小さな世界を守る為に、大きな世界と戦う物語だと私は思う。

 


天塵。大衆の目を惹く大きな光に埋もれながらも、
自分達の世界を壊させないと戦う彼女達に、
微かで、確かな輝きを、私は見たのだ。


私にとってのノクチルは、世界と戦う美しさのことだ。

 

 

 

 

 

 

 

アイドルマスターシャイニーカラーズの始め方

 

いちいち説明するのもアレなので

ざっくりまとめておく。

 

 

・リセマラ方法


リセマラでは以下の2種類のガチャを利用する


①通常のガチャ
        ジュエルを消費して引く一般的なガチャ
        限定ガチャも引くことができる

②運命の出会いガチャ
        1アカウントにつき1度のみ引くことができるガチャ
        期限などは特になし
        特筆すべき点は、何度でも引き直しが可能というところ
        これにより、有用なSSR2枚セットなどを粘ることが可能
        普通に引くとガチャ演出が長く時間がかかるが、
        ブラウザ版で1度引き、リザルト画面をブックマークすることで、
        引き直し→ブックマークでリザルトに飛ぶという手順で
        演出のスキップが可能

基本的には①である程度のラインを確保してから、
②で足りない部分を補うという形になる。



アイドルを5人プロデュースすることで、
16000ジュエル(約50連分)を獲得できるため、
多少時間はかかるが50連分の引きで判断する。

※プロデュースイベントが開催されていない場合は、20連分の引きで判断

 


・5人プロデュースの手順

ホーム画面→プロデュース→Wing編を選択
プロデュースユニット編成は変更無しで、
そのままプロデュースを開始

会話は右上のスキップボタンでスキップ
事務所まで辿り着いたら、右上のオプション(スパナマーク)から
はづきさんヒント、休み選択時の確認をオフにする

後は8回連続で休みを選択すれば完了
        途中に発生する会話やイベントは全て早送りで飛ばせる
        毎週朝に起きるMoningコミュ(朝コミュ)では、
        グッドorパーフェクトを取ると、思い出上昇演出が入ってしまうため、
        慣れてきたら個々の選択肢でノーマルを選べると、更に効率が上がる

プロデュース3回でスタミナが切れるため、
スタミナを回復させる

        プロデュースイベント開催期間であれば、

        ホーム→ミッション→イベントミッション

        イベントポイント受け取り→イベントショップ
        →1/2スタミナソーダを交換し、残り2回のプロデュースを行うことが可能

        残りの2回分プロデュースを完了したら、
        ミッションからジュエルを受け取り、ガシャを引く。

 

        プロデュースイベントが開催されていない場合は、ここでプロデュースは終了。

        ミッションからジュエルを受け取り、ガシャを引く。


続行ならブラウザのクッキーを消すなどで
データを消去し、再度ゲームを始める

 

 

 

以下、ざっくり目安。

 

基本的にはサポートが重要なのでサポート優先。

True研修で獲得できないPSSRで目当てのものがあれば、

Sランクとして扱って良い。

限定PSSRもSランク扱いで良い。

というか限定はなるべくなら確保して始めたいかも。

 

 

【Sランク】
        他の恒常サポートとは一線を画す性能。
Vo
【霧・霧・奇・譚】幽谷霧子
【お菓子なティータイム】大崎甘奈
Da
【奇・綺・甘・甘】幽谷霧子
【夜明けの晩に】杜野凛世
【あめ、ゆき、はれ】芹沢あさひ

Vi
【身支度はお任せ☆】大崎甜花
【闇鍋上等】田中摩美々
【スパイシーベリィデコレイト】黛冬優子
【Cherry Jelly】大崎甘奈


【Aランク】
        性能が高く、即戦力となる。
Vo
【街角フラワーガーデン】白瀬咲耶
【月刊CLIMAX】有栖川夏葉
【凛世夕町物語】杜野凛世
【お揃いスナップ】櫻木真乃
【これ、なんの話~?】月岡恋鐘
Da

【星合アステリズム】風野灯織

【夜夜中ワンダーラスト】田中摩美々
【まだ……寝ないから……】大崎甘奈
【ヒーローインザパーク】小宮果穂
【桜餅マスター……?】園田智代子
スタァライトショウタイム】八宮めぐる
Vi
【みんなと結んだもの】風野灯織
【ハロー、私の「いつも通り」】三峰結華
【指先の煌めき】白瀬咲耶
【prince×princess】白瀬咲耶

【Bランク】
        初心者には扱いにくい性能。
Vo
【先生のお時間】桑山千雪
【未知なるFROZEN】西城樹里
Da
【夏、どがんね~?】月岡恋鐘
Vi
【ふれんど日和】杜野凛世
【放課後★肝試しパニック】園田智代子
【#ナッツ・チョコジェリー】有栖川夏葉

【???】
        圧倒的な扱いにくさ。
        彩りファッションドールは身支度はお任せの完全劣化なためここ。
【ふっふ~ん、ふふ~ん】月岡恋鐘
【等身大のレイニーデイ】三峰結華
【熱血指導!】有栖川夏葉
【彩りファッションドール】大崎甜花