アイドルマスターシャイニーカラーズの始め方

 

いちいち説明するのもアレなので

ざっくりまとめておく。

 

 

・リセマラ方法

リセマラでは以下の2種類のガチャを利用する

①通常のガチャ
        ジュエルを消費して引く一般的なガチャ
        限定ガチャも引くことができる

②運命の出会いガチャ
        1アカウントにつき1度のみ引くことができるガチャ
        期限などは特になし
        特筆すべき点は、何度でも引き直しが可能というところ
        これにより、有用なSSR2枚セットなどを粘ることが可能
        普通に引くとガチャ演出が長く時間がかかるが、
        ブラウザ版で1度引き、リザルト画面をブックマークすることで、
        引き直し→ブックマークでリザルトに飛ぶという手順で
        演出のスキップが可能

基本的には①である程度のラインを確保してから、
②で足りない部分を補うという形になる。



アイドルを5人プロデュースすることで、
16000ジュエル(約50連分)を獲得できるため、
多少時間はかかるが50連分の引きで判断する。

・5人プロデュースの手順

ホーム画面→プロデュース→Wing編を選択
プロデュースユニット編成は変更無しで、
そのままプロデュースを開始

会話は右上のスキップボタンでスキップ
事務所まで辿り着いたら、右上のオプション(スパナマーク)から
はづきさんヒント、休み選択時の確認をオフにする

後は8回連続で休みを選択すれば完了
        途中に発生する会話やイベントは全て早送りで飛ばせる
        毎週朝に起きるMoningコミュ(朝コミュ)では、
        グッドorパーフェクトを取ると、思い出上昇演出が入ってしまうため、
        慣れてきたら個々の選択肢でノーマルを選べると、更に効率が上がる

プロデュース3回でスタミナが切れるため、
スタミナを回復させる

        プロデュースイベント開催期間であれば、ホーム→ミッション→
        イベントミッション→イベントポイント受け取り→イベントショップ
        →1/2スタミナソーダを交換し、残り2回のプロデュースを行うことが可能

        そうでない場合、ホーム→ミッション→スペシャルミッションから

        ジュエルを受け取り、ジュエルを使用してスタミナを回復させる


残りの2回分プロデュースを完了したら、
ミッションからジュエルを受け取り、ガシャを引く。

続行ならブラウザのクッキーを消すなどで
データを消去し、再度ゲームを始める

 

 

 

以下、ざっくり目安。

 

基本的にはサポートが重要なのでサポート優先。

True研修で獲得できないPSSRで目当てのものがあれば、

Sランクとして扱って良い。

限定PSSRもSランク扱いで良い。

というか限定はなるべくなら確保して始めたいかも。

 

 

【Sランク】
        他の恒常サポートとは一線を画す性能。
Vo
【霧・霧・奇・譚】幽谷霧子
【お菓子なティータイム】大崎甘奈
Da
【星合アステリズム】風野灯織
【夜夜中ワンダーラスト】田中摩美々
Vi
【身支度はお任せ☆】大崎甜花
【闇鍋上等】田中摩美々
【スパイシーベリィデコレイト】黛冬優子

【Aランク】
        性能が高く、即戦力となる。
Vo
【街角フラワーガーデン】白瀬咲耶
【月刊CLIMAX】有栖川夏葉
【凛世夕町物語】杜野凛世
【お揃いスナップ】櫻木真乃
【これ、なんの話~?】月岡恋鐘
Da
【まだ……寝ないから……】大崎甘奈
【ヒーローインザパーク】小宮果穂
【桜餅マスター……?】園田智代子
スタァライトショウタイム】八宮めぐる
Vi
【みんなと結んだもの】風野灯織
【ハロー、私の「いつも通り」】三峰結華
【指先の煌めき】白瀬咲耶
【prince×princess】白瀬咲耶

【Bランク】
        初心者には扱いにくい性能。
Vo
【先生のお時間】桑山千雪
【未知なるFROZEN】西城樹里
Da
【夏、どがんね~?】月岡恋鐘
Vi
【ふれんど日和】杜野凛世
【放課後★肝試しパニック】園田智代子
【#ナッツ・チョコジェリー】有栖川夏葉

【???】
        圧倒的な扱いにくさ。
        彩りファッションドールは身支度はお任せの完全劣化なためここ。
【ふっふ~ん、ふふ~ん】月岡恋鐘
【等身大のレイニーデイ】三峰結華
【熱血指導!】有栖川夏葉
【彩りファッションドール】大崎甜花

感謝祭のすすめ

・感謝祭の特徴
・概要
・実践


【感謝祭の特徴】
感謝祭とは:
Wing編とは別のストーリーが展開されるモード。
True Endが無いため、プレイの目的は、
以下のいずれかになる。

・感謝祭ストーリーの確認
・フェスアイドルの育成

今回は後者を主な目的とするが、
前者に関しても同様の進め方で問題ない。多分。

 

前提:
サポートがある程度揃っていないと、
そもそも感謝祭育成のメリットを
得られない可能性がある点に注意。
以下の適正サポートを所持していると楽になる。
※限定必須と言いたいわけではない


適正サポート:
寝甘奈/駅真乃/星灯織/花めぐ/四峰
体力サポート(例:ハミ甜、霧霧奇憚、アス灯、花咲、指咲)
マスタリー体力(例:菓子甘、やみみ)
マスタリーSP(例:菓子甘、やみみ、スパ冬)

 

特徴:
・思い出5の達成が容易
・思い出とステータスの両立が容易
・ステータスだけ伸ばしたい場合は、
 運に左右されやすく不安定

→もうちょい詳しく
wingではアイドルの配置でステータスが、
約束の発生率・発生箇所やタイミングで
親愛度が決まってくると言える。
ステータスはある程度安定して上げられるが、
親愛度はかなり運に左右される。
→wingはステ安定、思い出不安定

対して、感謝祭では、アイドルの配置や
取得ノートの種類(ノートの埋まり具合)で
ステータスが、ノートの埋まり具合と約束で
親愛度が決まる。
ステータスを上げることにすら運が付きまとう点が、
感謝祭を運ゲーたらしめている所以だが、
ノート埋めさえ上手くいけば、自ずと親愛度も上がる。
→感謝祭はステ不安定、思い出比較的楽

 

【概要】
感謝祭概要:
・アイドルと一緒に行動することによって
 ノートをアイデアで埋める
・ノートを埋める度にステータスが上昇
・ノート完成で親愛度も上昇
・レッスンお仕事でステータスがあまり伸びない
・オーディションは無し、ファン数ノルマも無し

 

ステの上げ方:
・ノートで大幅にステが鍛えられる
・マスタリー系統のスキルでステ増強

 

ライブ:
オーディションは無し。wingも当然無し。
代わりにシーズン2終了時にリハーサル、
シーズン4終了時に感謝祭本番のライブが
行われる。

 

編成概要:
・編成内で必要なアイデアを確保することが重要
・どのアイデアも最低1つは必要となるため、
 最終的なアイデア構成に沿う形でサポートを決定

例:
最終理想系:Vo4,Da1,Vi1,Ta1,Ap4

初期編成 :Vo1,Da1,Ta2,Ap1
→Taが一人余計

初期編成 :Vo3,Da1,Ap1
→偏っているように見えるが、問題なし

当然だが必要なパッシブスキルや上限解放を
所持しているサポートも編成に組み込む必要もある。
また、体力サポート系、及びSP獲得系の重要度が高い。

→もうちょい詳しく
体力サポート系:
ノート埋めの時間的制約が厳しく、
休みを取る暇がないため、
体力を節約するスキルが重要。
SP獲得系:
感謝祭ではトークでもSPの獲得が難しいため、
ノートでSPを確保することになるが、
それでも足りない場合はスキルで補う必要あり。


立ち回り概要:
基本的に序盤は☆1ノートなどを埋めつつ、
お手伝いが増える中盤-終盤で☆3ノートを
2冊完成させ、親愛度100を目指す。
(☆3ノート2冊完成で親愛度+50)

・新規ノートはアイドル配置を確認してから設定
・ノートのアイデアを埋めることを最優先
・ノートの☆が少ない序盤はなるべく約束を守る
・指標として消費体力や絆も考慮する
・お手伝いの選択は臨機応変

 

【実践】

編成実践編:

1.編成準備

①目標の設定
当たり前ではあるが、目標ステータスや、それに必要な
上限解放、確保したいパッシブバフなどは先に確定させる。

 

②アイデアの配分
最終的な編成は初期編成5人+お手伝い6人の計11人。
基本的には特化部分とアピールは重ねて、他は1人。
→Vo4, Da1, Vi1, Ta1, Ap4など
初期編成では上記を満たした上で、特化部分とアピールを
最低でも1人ずつ組み込みたい。
→初期に設定するノートを埋めるのに必要

全色育成の場合、特化部分を2色に重ねて残りの1色を
マスタリーなどで確保するのが良いらしい。

 

③Exスキル
感謝祭はノート以外でステータスを伸ばしにくい為、
Exスキルの影響が出やすい。
Pアイドルの初期値増加系は勿論だが、
Sアイドルはサポートイベント発生率アップが有用。

感謝祭のノートを入手する手段は限られており、
目的のノートが全く出ないことが原因で育成を
断念することも多い。

Sアイドルのサポートイベントは、
ステータスの上昇だけでなく、発生時に
ノートを1冊入手できるため、Wing編よりも
受けられる恩恵が大きい。

 

④持ち込みアイテム
Wing同様に体力を回復するタルトは強力。
Wingよりも絆の重要度が高いため、
タオルやTシャツも選択肢に入る。

そしてここでだけ輝けるトラブルお守り。
感謝祭のトラブルはステータスやテンションの低下
よりも、アイデアが埋まらないという点が非常に痛い。
トラブルお守りは失敗を無効にするだけでなく、
失敗してもアイデアを埋めてくれる点が非常に大きい。

困ったらとりあえずタルト+お守りで良いかと。

 

⑤お手伝い準備
お手伝いアイドルはユニットマスタリーに
カウントされず、スキルも発動しないが、
唯一「アイドルの絆」だけは参照され、
参入時の絆値として反映される。

これが実は重要で、絆値によって
イデアレベル(アイデアの補正)が3段階に
分かれており、アイデアレベルが高いほど、
ノートを埋めた際のステータス上昇値が
高くなる。
→絆50以上でアイデアレベル2、75以上で3

 

初期編成に組み込まれているアイドル以外で
お手伝いに呼ばれる可能性があるアイドルは、
事前にレベルを上げておくことで絆初期値を
高めることができる。
特にアピールはどんな育成でも呼ぶ上に、
アピールアイデアを持つサポートは少ないため、
上げておいてもいいかもしれない。

 

また、これは初期編成アイドルにも
同様に言えることであり、レベル80まで
上げたサポートアイドルは、絆初期値が
高いため、ステータスの伸びが良くなる。
加えて絆が発生条件に関わるサポートイベントが
序盤から発生する可能性が生まれるため、
ノートも少しだけ確保しやすくなる。

 

2.お勧めサポート

【限定】
非常に強力なサポートが多く、
殆どの編成に組み込まれる。
ここの枚数で優劣がつきやすく、
感謝祭育成のクオリティが限定によって
飛躍的に向上すると言える。

 

【駅線上の日常】櫻木真乃
感謝祭の女。
ユニットマスタリーSPにより、SPの獲得が可能。
この真乃の為に灯織めぐるを編成するほどに強力。
2種のレッスンマスタリー体力により、
該当の場所で同席すれば実質体力消費無しで
レッスンを行うことが可能。
上限解放、ライブスキルも2色なため、
編成する際の縛りが薄い。
パッシブバフも優秀。単体で体力確保、SP確保、
上限解放、バフ取得と全てを担うことができる。
イデアも競合しにくいVoで悪くない。
お手伝いではユニマスが発動しない点にだけ注意。

 

【星掬い藍仰ぐ】風野灯織
ラジオトークのマスタリー体力により、
体力消費無しとはいかないまでも、
体力消費の軽減が可能。2箇所で発動するのが良。
2色のユニットマスタリーで、ステータスを
多少増強できる。
駅真乃同様の2色の上限解放、パッシブバフ、
ライブスキルを持つ。
オーディションマスタリーSPが完全に死にスキル
となっており、アイデアも優先度の低いトークだが、
それでもなお高い性能と、駅真乃との相性により、
非常に強力なサポートとなっている。

 

【花笑み咲匂う】八宮めぐる
高いトークマスタリー体力により、
殆ど体力消費無しでトークを行うことが可能。
2色のユニマスや上限解放、パッシブバフ、
ライブスキルなどは星灯織と同様。
オーディションマスタリーが死んでいるのも同様。
特筆すべき点として、アイデアが非常に貴重かつ
一番重要なアピールであることが挙げられる。
アピールは最低1人は編成したいアイデアであるため、
そこを確保することで編成の組み易さが大きく変わる。

 

【賑やか四畳半】三峰唯華
トーク特化の性能。トークマスタリーSPで
獲得SPを増加させるだけでなく、花めぐる以上の
トークマスタリー体力も所持しているため、
トーク同席時には体力が僅かに回復する。
イデアも貴重なアピール。
通常よりも多くの上限解放パネルを
所有している点も優秀。
Daサポートでありながら、他の色の編成に入れる
余地があるほどに強力なサポート。


【ウォーム・スノウ】桑山千雪
アピールアイデアでありながら駅真乃と同等の
ユニマスSPを持ち、感謝祭と相性の良い
パーフェクトマスタリーを所持している点が非常に強力。
パッシブスキルや上限解放、固有アピールも
全てが高水準なサポート。
寝甘奈と併用することでユニマスの恩恵を受けることができるが、
現状大崎甜花の有用Daサポートが存在しない為、
組み合わせとしてはイルミネに劣る。
アルスト専用サポートと言っても差支えがない。

【きまぐれのめぐみ】田中摩美々
5人ユニットのユニットマスタリーSP。
高いDaマスタリーSPも所持しており、
SP確保に特化している。
上限解放パネルの枚数も優秀。
パッシブバフも強力で、Daアンティーカを
組む際には重宝される。


【スリープ・オーバー・ベイビー】西城樹里
5人ユニットのユニットマスタリーSP。
きまみよりも高いユニマスSPを持っている分、
DaマスタリーはDaかつアイデアトーク


【プレゼントなら両手いっぱい】三峰結華
きまみのVi版。
Viの高倍率バフは珍しい。
ファみみやまみみ砲に。


【潜・潜・夏・娘】幽谷霧子
サポートイベントが非常に重要な感謝祭において、
イベントマスタリーの存在は貴重、かも。多分。
まぁ私は持ってないので知らないんですけどね。

 

【雨のちマイヒーロー】小宮果穂
バフ目的。スキルは異常に弱く、アイデアトーク

 


【恒常】
Wingと違い、適性の低いサポートが多く存在する為、
種類や特訓の進み具合で優劣がつく。

 

【まだ…寝ないから…】大崎甘奈
Wing編では見向きもされない寝甘奈。
雑誌が強力な感謝祭では無類の強さを発揮する。
雑誌の消費体力が5に対して、
撮影マスタリー体力による回復量がなんと30。
実質休みながらアイデアを埋めることができる。
ついでに撮影マスタリーDaでステも上がる。
イデアも性能と同色のDaで扱いやすく、
体力確保の観点から見ると破格の性能。
他の色の編成に入れる余地あり。

 

【お菓子なティータイム】大崎甘奈
Wing編でも見向きされる菓子甘奈。
Voマスタリー体力&SPにより、体力を回復しつつ
SPも獲得することが可能。
とは言っても体力の回復量は微々たるもので、
他色に積極的に入れるほどの性能ではない。
性能とアイデアが一致しているのも良。

 

【街角フラワーガーデン】白瀬咲耶
トークマスタリーSPにより、SPを獲得可能。
体力サポートも所持しているため、
体力SP両面でのサポートが可能。
やってることは四峰と似たような感じ。
性能とアイデアが一致。良。

 

【霧・霧・奇・憚】幽谷霧子
非常に高い体力サポートを持つ。
体力確保の面においては優秀。
VoマスタリーVoはそこまで重要でもないが、
Vo編成に組み込むには十分な性能。
性能とアイデアが一致。Voは一致が多くて良い。

 

【星合アステリズム】風野灯織
体力サポートを所持。特訓3回で良いレベルになる。
優先度は高くないがDaマスタリーDaも所持。
そして、このサポートの真骨頂は
風野灯織であるということ。
ユニマス発動要因としては十分な性能。
イデアがDaで被りがちなViである点は
少し気になるか。

 

【夜夜中ワンダーラスト】田中摩美々
スキル自体は控えめで、
ユニットマスタリーDaが多少良い程度。
Da編成では貴重なアイデア一致サポートで、
非常に強力なパッシブバフやアピールを
所有しているため、採用されることが多い。
限定のきまみと併用できないのが残念。

【闇鍋上等】田中摩美々
菓子甘奈のViバージョン
(実装順的にはこっちが元祖)

 

【スパイシーベリィデコレイト】黛冬優子
ViマスタリーVi&SPが強力。
イデアも性能と一致しており、
扱いやすいサポートだが、
実装されて間もないため、
特訓が進んでいないことが多そう。

 

【身支度はお任せ】大崎甜花
霧霧奇憚のViバージョン。
強力ではあるが、アイデアが優先度の低い
トークである点が玉に瑕。
ちなみにファッ甜はアイデアがVi。
ここで差別化するんかい。

 

【指先の煌めき】白瀬咲耶
身支度はお任せに似たような性能。
スキルの性能面では劣っているが、
イデアがアピールであるというだけで、
編成のし易さが段違い。

 

立ち回り実践編:

①ノート設定
ノートは上書きが可能だが、
上書きされたノートは消滅する
→ノートは配置を確認してから設定
→配置が悪い、体力がないといった場合
 設定するとノートの有効期限が
 無駄になるため、設定を見送る
 特に☆3ノートは埋める過程で休みを
 取る暇がないため、設定前の体力確保必須


また、ノートには付加効果があり、
新規で設定した場合はその週から
付加効果が適用されるが、
上書きを行った場合は次の週から
付加効果が適用される。
→デメリット効果を持つノートは、
 不要ノート設定→上書きを行うことで
 デメリットのキャンセルが可能

シーズン2残り5週(お手伝い3人目)辺りから、
☆3ノートの設定を考え始める。
1ページ目を1週で全て埋められるタイミングで
設定するのが望ましい。


②行き先決定
ステータスも親愛度もノート依存
故に、アイデアを埋めることが最優先
イデア以外の指標は以下
・約束
→序盤はアイデア埋めに余裕があるため
 優先度少し高め
・有用スキル(マスタリー体力、マスタリーSP)
・消費体力
→雑誌は消費体力少かつ事故率皆無
 ノート付加効果による消費増減も考慮
・アイドルの絆
→ノートによるステータスアップには、
 アイデアを埋めたアイドルの絆値で
 補正がかかる。

 

③お手伝い選択
お手伝いは最終的に6人、編成と合わせて11人
特化部分は重ねるとして、☆3ノートには
全てのアイデアが必要なため、欠けは無しが理想

例:ボーカル特化→Vo4人,Da1人,Vi1人,トーク1人,アピール4人

 

④特殊イベント
・約束
☆3ノート2冊での親愛度上昇量は50
残りの50は主に約束で上げる必要がある

加えて約束を取り付けた場所にはサポートが
集まりやすい為、反故にするかはさておき
取り付けること自体の重要性が高い

・取材
デメリットは痛いが、リターンもそこそこ
記事の種類によって効果が変化する
決定前の台詞が成功率を表しているため、
そこを目安に優劣をつけるといい

 レッスン→テンションアップ + SP+40
 期間中トラブル発生率-50%
 期間中「レッスン」「お仕事」「オーディション」で得られるVocal、Dance、Visual、Mental、SP+20%

 仕事→テンションアップ + ファン数+10万人 + 親愛度+10
 期間中「レッスン」「お仕事」で得られるファン数+100%
 期間中「オーディション」合格時に、親愛度+5

 プライベート→テンションアップ + 体力回復
 期間中体力消費量-20%

数値が大切な感謝祭においてはどれも有用だが、
成功率や継続効果も加味するとプライベートになることが多め?


⑤ライブ(リハーサル、本番)
・基本的には流行無し
・1位でノート獲得、☆21以上で大抵勝てる
・獲得した評価に応じてステータスが上昇
→リハはグッド~、本番はベスト~
・各審査員のTA獲得時、グッドVo(DaVi)で該当ステ上昇
→リハ20、本番30
・任意のLA獲得時、グッドスキルでSP獲得
→リハ40、本番60
・終了時のメンタルが高いとグッドメンタルでMe上昇
→8割以上?メンタルキュアは残してもよさそう
・3割+TAを確保したら思い出LA狙いで立ち回る
・☆を集めることが目的ではないことを念頭に

 

⑥スキルパネルは上限解放優先
・ライブの難易度が低いため、無理に強アピールを
 取りに行く必要がない。
・強アピール、バフは終了時のSPで獲得すればいい
・本番のLA獲得前提なら、本番ボーナス60、親愛度100、
 ファン人数60で、本番後におおよそ220のSPを獲得可能。
 目安として参考に。